金券を活用した節約方法

金券にはどのようなものがあるか

金券と言いましても、様々な種類があります。
お家に眠っているという場合もあるでしょう。
JR券、地下鉄や電車、高速道路の回数券、普通運賃の半額で飛行機に乗れる航空会社の株主優待券、デパートなどの商品券、ビール券、シェフグルメカード、ドミノピザ、マクドナルド等のお食事券、遊園地や映画館の入場券、図書カード、切手、はがき、印紙、テレカやクオカード等があります。

また、JCBギフトカード、UCギフトカード等、クレジット会社が発行しているカードもあります。
こういったカードは換金率が高く、使える場所も豊富にあるのですが、おつりが出ないのが残念なところです。
それに比べると、百貨店共通券はおつりが出るので、組み合わせて使うとおつりがもらえて便利でしょう。

金券で節約する方法

金券を使って節約する方法があります。
クレジットカード会社のギフトカードか百貨店のギフトカードは、家にあるままで使っていないということもあるでしょうから,買い物などに活用しましょう。
ギフトカードを使えば、その分現金を使わないで済みますから、節約になります。

また、楽天のポイントサービスもうまく使いましょう。
楽天にはスーパーポイントというポイントカードサービスがあり、電子マネーの楽天Edyのお買いものでポイントがたまりますし、楽天ポイントカードの加盟店で貯めたり、使ったりも出来ます。
初めての人は入会費、年会費無料の楽天カードを入会すると良いです。
こちらは新規申し込みで大量のポイントがもらえるキャンペーンが頻繁にあるので、便利ですし、1ポイントは100円で貯まります。

昔からあるテレホンカードをご存知でしょうか。
実はまだ使えるのです。
NTTの固定電話の料金をテレホンカードで払えますので、固定電話をよく使うという人はお得でしょう。
家に眠っているようなテレホンカードをうまく活用できます。

いらないような金券が家に眠っているので、どうにかお金に換えたいという場合は金券ショップに行くと良いです。
ただ、忙しくて行く時間がないのであれば、安く購入できたり、高く売れたりするインターネットの換金業者をうまく利用しましょう。

お店のクーポン券もうまく活用するとお得です。
たとえば、マクドナルドですが、携帯クーポン券や株主優待券を利用すると、メニュー価格よりも100円安くなり、シェイクが100円になるという特典があります。
また、マクドナルドのアンケートアプリ「KODO(コド)」を利用してアンケートに答えるとクーポンが発行され、クーポン番号を店で見せると無料で商品がもらえるのです。

その他にも色々なお店でクーポンがありますので、調べて使ってみましょう。
思わぬようなお得感があります。

金券節約のメリット

普段、現金でやりとりしている買い物をギフト券に変えてみるだけでずいぶんとお得になります。
たとえば、商品券が50000円分で1000円のポイントがもらえるので、1年で12000円のお得です。

家にギフトカードがなかったら、金券ショップで買って使っても少々安く買えるので
お得でしょう。
例えば、ある金券ショップは1000円のギフトカードが990円で売っていますので、10枚買えば。100円お得です。
このように金券をうまく活用すると。お得感いっぱいの生活が出来ます。